トピックス

インボイス制度の導入に関する周知協力依頼

2022年06月01日

この度、消費税制度(インボイス制度)に関する周知・広報等について、内閣府・財務省・国税庁及び岡山県より周知の協力依頼が参りましたので、以下のとおりご案内申し上げます。

平成28年度税制改正法における消費税法の改正により、令和5年10月より適格請求書等保存方式(いわゆる、インボイス制度)が導入されることとなりました。
インボイス制度においては、消費税の仕入税額控除のためにインボイスの保存が必要になり、インボイスの交付を行うためには税務署への「適格請求書発行事業者(注)」としての登録申請が必要になるといった現行制度からの変更点があります。また、制度の円滑な移行のため、免税事業者からの仕入れについても、制度導入後の3年間は仕入税額の80%、その後の3年間は仕入税額の50%を控除できる経過措置が設けられています。
(注)インボイスを交付できる事業者として税務署の登録を受けた事業者のことを指し、課税事業者がこうした登録を受けられることになっています。

こうした点を踏まえ、このたびインボイス制度に関する周知等について、以下のとおり4点ご案内させていただきます。

①説明会開催の検討及び実施
貴団体が主催する特定非営利活動法人向けの説明会・研修会などを通じて、インボイス制度について事業者への周知をお願いしたいと思います。
ご希望がございましたら、財務省・国税庁等から職員を講師として派遣させていただきますので、説明会・研修会などの開催のご検討をいただけますと幸いです。なお、オンラインでの開催についてもご相談いただけます。詳細は別添の講師派遣要領をご参照ください。

②登録申請開始に関する特定非営利活動法人への案内
国税庁ホームページの「インボイス制度特設サイト」内に「適格請求書発行事業者」の登録申請手続を掲載しております。同サイト内には、事業者の方の制度理解に資する資料や国税庁・税務署が主催するどなたでも参加可能な説明会のご案内等も掲載しています。また、一般的なご質問を受け付けるフリーダイヤルも開設しております。
これらの情報につき、特定非営利活動法人へご案内いただけますと幸いです。
【国税庁 インボイス制度特設サイト】
【国税庁 知っていますか?インボイス制度(リーフレット)】
【国税庁 適格請求書等保存方式の概要 インボイス制度の理解のために】
【国税庁 適格請求書等保存方式に関するQ&A】
【国税庁 消費税軽減税率・インボイス制度電話相談センター】
0120-205-553(無料)【受付時間】9:00~17:00(土日祝除く)


③「免税事業者及びその取引先のインボイス制度への対応に関するQ&A」について
免税事業者やその取引先の対応に関して、消費税法だけでなく独占禁止法及び下請法、建設業法といった関係法令に基づいて「免税事業者及びその取引先のインボイス制度への対応に関するQ&A」を以下のリンク先にとりまとめて公表しております。また、これらの関係法令における個別事例等の問い合わせについては相談窓口がございます。
当該Q&Aについて特定非営利活動法人へご案内いただき、引き続き関係法令が遵守されるよう周知をお願いいたします。
【財務省】ホームページ
【公正取引委員会】ホームページ
【中小企業庁】ホームページ
【国土交通省】ホームページ

※各ホームページに掲載されているQ&Aは全て同じ内容となります。

④中小企業等に向けた支援措置等
令和3年度補正予算において、インボイス制度への対応に向けたIT導入補助金や持続化補助金といった予算措置が講じられています。特定非営利活動法人やその取引先にご活用いただけるよう、以下リンク先の周知をお願いいたします。

【中小企業庁 生産性革命推進事業】

ページの先頭へ