登録団体紹介

検索結果

50音で探す「み」で検索・・・・・・3件見つかりました。

みんなでつくる財団おかやま
団体の活動・業務「みんなでつくる財団おかやま」で取り組む事業(仕組み)
当法人では、県内の社会課題解決をすすめるために、主に以下の3つの事業を行い、展開していくことを目指しています。

1.事業指定寄付 「割り勘で夢をかなえよう」              
 「割り勘で夢をかなえよう!」事業指定助成プログラムとは、寄付を原資とした助成事業です。NPO・市民団体が取り組む事業内容に発信し、事業への賛同者を募ることで、寄付により資金集めを支援する仕組みです。プログラムの流れとしては、事業の状況を伺いながら一緒に寄付募集プランを考え、インターネットメディアを含めた募集ツールを整備し、事業実施団体の寄付募集をサポートします。寄付募集の取り組みを通じて、実施団体が解決を目指す社会課題の認知と理解を高め、事業内容や事業の重要性を社会に発信していきます。
当プログラムの効果・特徴は以下の3点です。

①事業を応援してくれている方から直接資金を集めることができる
②新聞、SNS等のメディアを活用した発信にしょり、広く多くの人に事業の重要性・内
容について知ってもらうことが出来る
③事業に関わる人を増やすことができる(金銭以外の支援等)


【具体的な流れ】
(1)プロジェクトのアイディア(事業案)を募集します。
(2)プロジェクトの実行体制等の審査を行い、選定します。
(3)選定したプロジェクトを財団のウェブサイトやプロジェクトのカタログ、プログラムによっては提携するクラウドファンディングのサイト等に掲載して、賛同者を募ります。(財団からも呼びかけをします)
(4)寄付者は共感するプログラムを選んで、寄付(賛同)をします。
(5)目標金額まで寄付が達したら、助成金としてプロジェクト提案団体に支払います。


2.社会変革ファンド 「みんなの貯金箱をもとう」             
 地域で必要な取り組みに対して、みんなの貯金箱にお金を貯めて、事業募集し助成する仕組みです。自分の好きなテーマを選んで基金をつくれます。基金には名前をつけることもできます(冠基金)。また、地域の中で重要度や緊急度が高い社会課題を提示して基金を設立することで、課題を可視化し、効果的な寄付(社会投資的な寄付)を実施していただき社会変革を起こす仕組みです。

3.地域円卓会議 「みんなとやれば、できるはず!」            
地域における社会課題の解決を、地域の様々な主体で役割分担をして目指すために、NPOや行政だけではなく、企業、学校などの関係者を集めて解決に向けた検討を行う会議を開催します。従来の行政が招集する形ではなく、財団が招集者または招集を希望する企業セクターなどにコーディネートの支援を行うことで、すべての主体が対等に会議の座に着く場づくりを行います。また、その内容も意見交換をするだけの懇談に終わらず、それぞれの役割分担を話し合いで決定していくことで具体的なアクションをすすめていきます。
  • 代表者大山 知康
  • 所在地33岡山市北区
1.社会課題の解決のために活動する市民団体等(以下、社会活動団体という)に仲介・提供するために、必要な資金等の資源を募り、確保する事業
2.社会活動団体に対し、助成、顕彰等を行う事業
3.社会活
みーんなの公園プロジェクト
団体の活動・業務・多様な公園ユーザーのニーズ調査
・国内および海外(アメリカ・オーストラリア・イギリスなど)の公園の実地調査
・海外のインクルーシブな公園づくり関係者への取材、関連資料の収集
・調査結果や収集した資料などUD公園に関する情報を発信
・自治体や遊具メーカー等への提案・協力
  • 代表者柳田 宏治
  • 所在地33岡山市北区
みんなの集落研究所
団体の活動・業務次の特定非営利活動に係る事業を行う
① 岡山県内の地域・集落における課題解決のための調査・研究事業
② 岡山県内の地域・集落における課題解決のためのマッチング及び円卓会議開催事業
③ 岡山県内の地域・集落における課題解決のためのコンサルティング事業
④ 岡山県内の地域・集落における課題解決のための人材育成・組織強化事業
⑤ 岡山県内の地域・集落における課題解決のための政策提言事業
  • 代表者石原 達也
  • 所在地33岡山市北区
※平成27年度事業計画書から抜粋

①調査・研究事業
 多くの市町村において、地域自治組織の立ち上げなどが行われているが、目的や役割が不明確で機能しづらいといったケースもあり、こうした地域自治

<<検索画面に戻る

ページの先頭へ