登録団体紹介

超教育ラボラトリーInc.

★★★★★

団体の目的 【 事業の目的 】
私たちは、都市部から地方へ転職を伴う移住実行の前に不可欠な計画策定の支援を必要とする人々等に対して、移住から定住・安住の技術を体験的に会得した実業出身の実務家教員によるリカレント教育の推進を図る事業を行い、地方創生の促進と人間中心の社会〔Society 5.0〕の実現に寄与することを目的といたします。
団体活動・業務 【 事業活動の種類 】
 (1) 社会教育の推進を図る活動
 (2) 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
 (3) 情報化社会の発展を図る活動
 (4) まちづくりの推進を図る活動
 (5) 農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動
 (6) 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
設立以来の
主な活動実績
主に、生涯学習リビングラボ〔 https://www.facebook.com/pg/Super.Education.Lab/events/ 〕
現在特に力を
入れていること
【 事業内容 】
(1) 特定非営利活動に係る事業
 ① 地方創生リカレント教育講座開催事業
 ② 実務家教員派遣及び養成サービス事業
 ③ 移住・転職・定住に係る調査研究事業
 ④ 移住・定住・安住に係る出版物発行事業
 ⑤ 行政・企業等への政策提言及び協働事業
 ⑥ その他目的達成に必要な事業
今後の活動の
方向性・
ビジョン
ソーシャルキャピタルを育む生涯学習リビングラボの開催によりオープンイノベーションを誘発。トークンエコノミーの創発のボトムアップに取り組むとともに、Google for Nonprofits の地域社会への実装と Testbed 等も果敢に試みます。Society 5.0 を人間中心の心豊かな社会に!

※ ご参考 )トークンエコノミー、社会関係資本に関する、Toyo sakuma 様の Web記事『 ブロックチェーンとトークンエコノミーはどのような変化をもたらすのか?〔 https://goo.gl/DemZQR 〕』
代表者 菅野 敦也
所在地 岡山市北区野田屋町
設立年月日 2018年4月18日
電話番号
ファックス --
メール lab@city-okayama.net
URL https://www.city-okayama.net/

※この情報は、「canpan」から提供されたものを基本としています。

ページの先頭へ